正しい形で処分できる

手を合わせる

どうしても面倒を見ることができなくなったとか、買い替え、引っ越しなどの時に仏壇処分を検討する人はいます。しかし結構似た見た目ですが、家具とかを処分する場合と同じように簡単に捨てることができるわけではありません。先祖や御本尊をお祭りしているものなので、出来るだけ正しく処分する必要があるからです。とはいっても簡単に買い替えたり処分したりするものではないので、どのようにすれば良いのかわからない人も多くいます。その点仏壇処分を利用すれば、自分たちではどのようにすべきかわからなかったとしても、しっかりと処分してもらうことももちろん可能です。また大きなサイズでも運んでいく必要がなく回収してもらえるので、手間が掛からずにスムーズに処分できると人気を集めています。

処分にはいろいろな方法がある

仏前

仏壇処分といっても、実はいろいろな方法があり、その中から最も良いと思える方法を選ぶことができます。例えば買い替えの時によく選ばれているのが仏壇仏具店での回収で、この場合は処分費用を祓うと合同供養として焚きあげてもらうことができます。また菩提寺に引き取ってもらったりすることもできますが、この場合はしっかりと閉眼供養もしてもらえるのが大きな特徴です。ただ買い替えでもなく菩提寺もない場合は、専門業者などに依頼して処分してもらうことももちろん可能となっています。また専門業者を利用するときは業者によって内容が違うので、どのように対応してもらえるかあらかじめ調べておくようにします。業者の内容に関しては、インターネットのサイトをチェックするだけでなく、直接電話で問い合わせて調べることもできます。

遺影はどうすべきか

お経

仏壇処分をすれば、お世話することができなくなってしまった仏壇を正しく処分することができます。ただ、それほど頻繁に処分するものではないので、どのようにすれば良いかわからない人も多く、対応にこまってしまう場合もあります。また仏壇といえばいろいろなものが載っていますが、その中の一つである遺影に関してもどうすれば良いかわからない人も珍しくありません。実は遺影自体は仏壇処分で処分してもらうことは可能ですが、遺影だけ残して飾っておいたとしても、もちろん問題はありません。また仏壇処分の時に一緒に処分してもらおうという場合は、仏壇と一緒に閉眼供養してもらうのが一般的です。しかし仏壇で使っていたからと言って仏壇処分のときに絶対に処分しなければならないという決まりはもちろんありません。だから処分しなければならない理由がないのであれば、無理に処分する必要はなく、今後も手元に残しておいたとしても問題はありません。

広告募集中